車こすったとこを補修。なんかえらいぶっさいくなことになってしもたけど,錆びてくるのは防げるやろ。どうせ車なんてサンダルと一緒なんやし。

節句働きの続き。家で仕事すると区切りがつかんのがあかんな。タバコ吸いに喫煙所まで行かなあかんってのも,気分転換になって良いのかも。

ぬくいね。もう春?

遅れてる分の埋め合わせでオラオラと節句働き。遊ぶ金欲しさに仕事してるのに……。

生物の形づくりの数理と物理 (シリーズ・ニューバイオフィジックスII 6)

昨日こすったとこ,凹んだのはどうでもええけど,塗装をなんとかせんと錆びてくるなこりゃ。
というわけで職場の人に「どっかええ板金屋さん知りませんか」と聞いてみたら,何故か私の車を痛車にするプロジェクトがっ。ヤメテクレ

数理生物学に再入門すべく「生物の形づくりの数理と物理」 (amazon) 。んで分子レベルの挙動に関する知識が全然足りてへんことを再認識。いや生物も物理も数学も足りてへんのやけど。
足りてへん分は勉強するとして,あたしの専門って一体何なんざんしょ。

んー,新しく実装した手法,全然効果ないぞ。

ぎゃあ,駐車場で車こすったぁ。

今日は一日トホホやなぁ。

64bit OSの真価発揮。1024x1024x480 16bit grayの3Dボリューム画像にごりごりフィルタかけて点群に変換して面貼ってとかしてもメモリ余裕ありまくり。
とか調子に乗ってたらまたセグフォ。

うげ,Ubuntu 14.04のemacsてDBUSサポートが有効になってて切れへんのんか。
普段の作業はXをWindowsマシンに飛ばしてやってるから,DBUSサポートて邪魔なだけなんよなぁ。特にEmacsはgdbのフロントエンドとして使ってるもんで,DBUSのタイムアウト待ちで起動に1分近くかかるってのはちょっと問題。(コーディング自体はsamba越しにWinのEmacsでしてる。)
cygwinのgdbからリモートデバッグするかなぁ。

朝,職場についてすぐ「やばっ,家の玄関の鍵持ってへん」。ですぐに帰ってみたら,玄関の鍵はしまってたけど玄関に鍵がぶら下がってたという。

んー,自作ツールがことごとく動かん…。size_tがunsigned intからunsigned longになったんが一番ひっかかってるとこやけど,それ以外にもboostのバージョン依存とかCUDAのバージョン依存とか…。
ubuntu 14.04のruby-gslパッケージでNArrayサポートが復活したんは地味にうれしいね。

データとかリポジトリは古いマシンから持ってきたけど,dotファイル一式持ってくるの忘れてるやん。古いマシン,メモリもVGAカードもひっぺがしてしもて起動でけへんやん。めんどくさ

一息つけたタイミングで職場の開発用マシンをHP Z840にリプレース。
Quadro K6000搭載モデルなんやけど,XあげたまんまCUDAのデバッグをしたいので,まずはVGAカードの増設。ついでにメモリも。
最近の大手メーカ製のデスクトップ機はドライバいらずで楽でいいねぇ。やけどこいつ,CPU/メモリクーラの取り付けが結構シビアやな。取り付け自体はワンタッチやねんけど,コネクタがちゃんとはまってない状態でも固定できてしもて,通電してから「CPU/メモリファンが回ってへんでー」と怒られる始末。
で,2,3回クーラを取り付け直して怒られへんようになったのを確認して,Ubuntu 14.04 amd64をインストール。前のマシンの/homeをごそっと持ってきて最低限の作業できるようにして,で一日おしまい。
やっぱり一日仕事になってしまうなぁ。